京都国際漫画賞2017 韓国部門

韓国部門・大賞

とある実験

peong

ロボットは人と同じように心を持つのか?構成巧みに深いテーマを描いている。(武者)

構成力は高く、絵柄も読みやすい。力のある作家だ。ストーリー展開はなるほどだが、この実験を通してなにを読者に伝えたかったのだろう? もう少し平易にメッセージを伝えてもいいのでは。
それから、二人をもっと好きにさせてくれていたなら、心に響いただろう。博士のキャラも面白みに欠けたかも。キャラをより魅力的に描いたら、この構成力も生きると感じた。(鈴木)

人間を作った罪で裁かれようとしている男を通して、人間を人間足らしめるものは何かを描いた秀作。
計算された第三者の行動によって自らの犯行を完結させる、映画『セブン』のようなラストには痺れました。
構成が見事。冒頭からラストまで一切退屈することなく一気に読まされ、読み終えた後もいろいろと考えさせられました。
気になった点としては、独特な絵柄が読者を選びそうな気がします…。(平野)

ストーリーテラーとしての才能があり、珠玉の短編でした。ネーム力もあり、読者を引き込むための漫画の文法が身についている方ですね。
女性の顔立ちや輪郭が男性との差異がないので、女性らしさを意識して顎のラインを細めたりすると良いと思いました。(中野)

入選

yuna《瞬間移動少年》

内容に対してページ数が多すぎる。例えば冒頭のクラスメイトとのカラオケシーン等、カットできると思います。キャラクターのいる場所がわかりにくいです。
場転したときなど、大きめのヒキのコマでキャラクターがどこにいるのかを明確にしてほしいです。背景ももう少し書き込んだほうが良いと思います。
二人の能力が、結局どういう力なのかがわかりづらいです。特殊能力というものを使わずにこの内容を描いたほうが良いのではないかとも思いました。
などなど、気になるところは数多くありますが、それでも僕は今回の候補作の中でこの作品が一番好きです。最も豊かな感情を描いていたと思います。
傷ついた心が癒されるまでの過程に、思わず感動してしまいました。二人の関係もとても心地よく、ずっと見ていたいと思わせてくれました。(平野)

画面から情感が伝わってきて、キャラクターの佇まいだけで作品を成立させることができるセンスと才能を持った方だと思いました。
描きたいことや盛り込みたい要素の取捨選択を徹底し、増長感を抑えられたら、読後感がもっと良くなると思います。(中野)

漫画的演出力が光る作品。ストーリーも凝ってました。(張)

twinklebani《河馬の午後》

冒頭の摑みからのストーリーの縦軸が巧みで、この世界に引き込まれていった。弱そうな主人公が実は強いというひっくり返しも気持ちいい。
絵柄も日本の読者に好まれそうで、好感を持った。ヒロインに同情だけでなく好きになれるようなチャームがもっとあると、この作品をもっと好きになれ、読者から支持を受けると思う。
日本でも活躍しそうな作家だと感じた。(鈴木)

人間界に潜むヘビ人間たちの話。必要以上に暗くせず、コミカルなシーンを入れたことでとても読みやすくなっていると思います。前向きで爽やかなラストも好印象。
ただ、リザとマローンのキャラクターを最後まで掴み切れませんでした。
自分の成長のためとはいえネズミより大きな獲物を食べることができず苦しむリザ、秘密を知られた瞬間躊躇なく同級生をカッターで殺そうとするリザ、学校で明るく振る舞いマローンを追い掛け回すリザ、トイレで自傷行為に走ってしまうリザ、これらが同一人物であると思えません。
また、マローンの抱えている葛藤もわかりづらい気がします。もう少し設定とキャラクターを詰めた方が良いと思いました。(平野)

感性だけで思うままに描いている印象で、そのエネルギーにやられました!コミカルな掛け合いがキャラクターの魅力と抱えている問題とのコントラストを引き出していることにも才能を感じました。
伸びしろが充分にあると思いますので、今後が楽しみです!(中野)

ハボ《黄色の理由》

着眼点面白い。手の込んだ心理劇。(武者)

ミステリーとして先が気になる展開だった。意外な犯人、意外な展開を期待したのだが、最後のオチが難解に感じる。読者のハードルを上げてしまっているかも。
それから画力を高めてほしい。それにしても、発想のユニークさは武器になると思うので、次回作も読んでみたい。(鈴木)

ホラーな展開で、結末驚いた。現状のレッドは、元イエローが成り代わった存在なのか!本部が何故気づかなかったのか、読み終わった後は気になったが、驚く結末だった。
イエローの凶行に手を染める前の現状、そして、レッドに成り代わる感情をより分かるように描いて欲しかった。
世界観導入は駆け足で、入ってきにくかった。驚く演出は武器なので伸ばしていって欲しい。(林)

よくできた密室劇。面白かったです。ただ、読後感として、「うまい」で終わってしまう気がしました。欲を言えば、もっと考えさせられるような余韻がほしかった。
そのためには、イエローにもう少し読者が感情移入できるようにすればよかったのかもしれません。
例えば、レッドに扮したイエローが、イエローの死因が自殺だと皆をミスリードするシーン。
ここを、ただ冷静にミスリードするだけでなく、もっとイエローが抱えていた葛藤がわかるような、彼の感情が思わずこぼれしまうようなシーンにするとか。(平野)

teokee《ロックウェル家の秘密》

緻密な描きこみで、読んでる人間を圧倒する作風。その反動かとっつきにくくて読者を選びそう。
主人公はあえて笑える人をもってくるとか、キャラ・絵柄とも抜く部分をつくったほうが、間口は広がるかもしれない。作家性が高い人だと思う。(鈴木)

重厚な絵柄。描き出そうとしている世界観と合っている。ハードボイルド、スチームパンク風探偵物語。
人間でありたいがために、憎い父の殺害を、主人公たちに依頼する少女。切ない話だった。エンディング、主人公たちの何かしらの解決や、少しでも救いにたどり着く「光」が見れたら良かった。
19-20Pのアクションは引きの絵が無いので、どのようなアクションが展開されているか分かりにくかった。ハードコアの体で電話が繋がるところ、ガンを撃つ所、アンドロイド設定の魅せ方が良かった。(林)

画力やギミックは素晴らしいと思いました。何処で何が行われているのかセリフと絵柄(背景)での状況説明がなく物語が進み、作品に入り込みにくかったです。
画力だけに依存せずに、もっと状況が分かるように構図のメリハリやカメラワークを意識したコマ割り(ネーム作り)をしてほしいです。(中野)

peong《ニジュウナナ》

絵場面の作りかたに迫力があり、コマのメリハリもあり、画面の作り方に魅力を感じる。せっかくの芸能ものなので、リアリティのある韓国芸能界を見てみたかった。
それから後味が悪く感じたので、救いがほしいかも。 この絵力を活かした次回作を見たいと思わせる人なので、期待している。(鈴木)

世にも奇妙な物語的な、「悪魔と契約して声を失った、伝説になりたかった主人公」ブラックな展開と結末。伝説のなり方としては、最悪の部類。
後味悪い=作者の意図通り、なのであれば成功かと。不可思議な存在との「契約」はどうして発生したのか、彼女の欲に溺れた、少しでも悪かった行動の部分があれば、より良くなった。冒頭、ラスト3にまで残っているのに、主人公は何故伝説になれなかったと絶望しているのか。
ネームは読みやすかった。絵柄、少し不安定。描きたい、音楽的な表現に、画力が追いつくよう頑張って欲しい。(林)

短いながらも二転三転する展開がグッド。途中のギャグタッチは余計だったかも。(張)

Q-HA《イタチ》

主人公のキャラにスケール感、期待感がある。インパクトのある登場シーンで主人公の破天荒なキャラが一発で伝わってきた。
表情も豊かで、この主人公を追っかけて読みたくなる、重厚で迫力のある絵も、この世界観にふさわしい。
最終選考に残った中で、一番先が読みたくなるエンタメ作品だった。(鈴木)

確かな力量を感じる描写力。主人公の異常さも伝わってくる演出。ただ、物語が始まっただけで終わってしまっている。序破急の「序」のみに感じる。
21P目で急にカラーになったが、(この絵も塗りも魅力的)、かなり遠くから矢を放った、キャラと主人公は対峙して、何を語るのか。そこまで読みたかった。(林)

画力があり映像的なカメラワーク(コマ割り)をされる方なので、どんな戦闘シーンを描くのかを見たかったです!
破天荒で何かをしでかしそうな主人公なので、キャラクターデザインにも個性を出したほうが良かったです。(中野)